自己破産の弁護士費用を知ろう|最終手段は慎重に

ジャッジガベル
  1. ホーム
  2. 有利に進めるためには

有利に進めるためには

相談

専門家を雇うこと

弁護士は、司法試験に合格し司法修習を修了した人が弁護士名簿に登録している人のことを指します。基本的な仕事としては法律に関する問題を代理人として関わることで、その内容は多岐にわたります。テレビドラマなどでは刑事事件での弁護士がよく登場しますが、現実にはその多くは民事事件に関わる業務を行っているのがほとんどです。ただ刑事事件を専門としている弁護士も多くあり、刑事事件に巻き込まれた場合には弁護士を雇うことが手続きを進める上でも重要になってきます。加害者となっても国選弁護人が付けられますが、現状では手続き主義を進めるための代理人といったところで必ずしも裁判を有利に進めることは期待できません。一方で被害者となった場合には刑事事件を立件した検察官が行います。しかし、被害者の意見が必ずしも検察側に伝わるということは少なく、このため意見を通すためにも弁護士を雇って支援を受ける方が有利にすすめることができます。刑事にしても民事にしても同様ですが、やはり弁護士にも得意不得意な分野がありますから、刑事事件の場合には刑事事件に強みのある弁護士を選ぶことが重要です。刑事事件に対して強みがあるかは、過去の実績を見て判断することになります。また被疑者、加害者、被害者どちらにしてもその立場を理解してくれる人であることや、そもそも人間的に相性の良い人を選ぶことも重要です。これは裁判は長期間に及ぶため互いの信頼関係があることが大前提であるためです。いずれにしても刑事事件に巻き込まれたら、刑事事件に強みがある弁護士を選ぶことが依頼者の利益に繋がります。