自己破産の弁護士費用を知ろう|最終手段は慎重に

男性

借金を帳消しにするには

説明

弁護士への依頼がおすすめ

借金をどうしても返済できなくなった時は、債務整理という方法があります。債務整理には、借金を圧縮したうえで分割返済する方法が多いのですが、収入が少ない、あるいは売却する財産がないといった理由で分割返済のめどが経たない場合は、自己破産を行うことになります。この自己破産は、裁判所に破産の申立てを行い、借金を帳消しにする方法で、免責が下りると借金から解放されます。自己破産の流れとしては、まず弁護士または司法書士に依頼を行います。この場合、弁護士か司法書士かで迷うこともありますが、一般に、弁護士に依頼した方が手続きは早く進みます。また、借金が1社につき140万円以上の場合は、司法書士では代理ができませんので、選択は弁護士のみになります。それから少額管財といって、財産が少しある場合の自己破産は、やはり弁護士に依頼することになります。また、自分でも手続きを進められないわけではありませんが、債権者との交渉は避けて通れず、その場合弁護士や司法書士でないと、なかなかスムーズに行かず、かなり時間と手間がかかることになります。うやはりこの場合は、弁護士か司法書士、できれば弁護士に頼むといいでしょう。弁護士費用は、事務所にもよりますが、大体30万円から40万円ほどかかります。しかし自己破産というのは、お金がない時に行うものである以上、一括して費用を出せないこともあります。事務所によっては、弁護士費用を分割にできますので、相談するといいでしょう。それから、法テラスの民事法律扶助を利用すると、弁護士費用を立て替えてもらえます。しかしこれは一時的なものであり、後から立て替えてもらった弁護士費用を、返済することになります。

事務所選びのポイント

計算

名古屋で過払い金手続きをしてくれる法律事務所を選ぶ場合、過払い金請求は1度しかできませんので事務所選びは慎重にしなければならないです。ポイントは、弁護士費用がいくらになるのか、債務整理に強い事務所なのかどうかです。

有利に進めるためには

相談

弁護士を雇うということは、人生の中でそれほど多くはありません。しかし、万が一にも刑事事件に巻き込まれた場合には弁護士を雇うことが手続きを進める上でも重要です。特に被疑者や加害者のほか被害者でも弁護士を雇うことで意見を裁判に反映させやすくなります。

専門家に依頼する

電卓

東京の税理士は、個人事業主や中小企業の経理や確定申告に関わる仕事をしています。また、雇用契約を結んで経営コンサルタントとして会社を支える税理士もいます。この他には、相続税や成年後見制度に関する問題のアドバイスも行っています。